デリヘルオプションのプレイ/プレイの撮影とは

デリヘルのオプションで用意されている撮影とはプレイ中の写真や映像を撮影することです。もちろん店の許可とデリヘル嬢の許可が必須条件です。

顔出しNGや局部の撮影NGなどプレイを撮影するには様々な制約があります。店での規約が定められているのですが、細かい制限はデリヘル嬢との交渉によって変動するものです。

デリヘルのプレイの撮影の流れ

プレイの撮影はいうなればハメ撮りのようなものです。デリヘルでは本番行為は禁止されているので、実際にはハメているかのように撮影をするというものです。
デリヘルでの撮影プレイについての大まかな内容とルールです。

  1. デリヘル店へ電話をしてデリヘル嬢とコースを決める。この時にオプションで撮影を追加する。
  2. デリヘル嬢が来たら、まずは普通にプレイ開始。
  3. プレイが盛り上がってきたところで撮影。
  4. 写真の場合は枚数が決まっていることがあるので、ペース配分を考える。
  5. 撮影した写真や映像はプレイ後にチェックされることも。NG写真の場合は没収される可能性も。

プレイの撮影の注意点

デリヘルでプレイの撮影を楽しむために注意するべきことをピックアップ!デリヘル嬢と撮影プレイを満喫しましょう。

  1. 基本的に顔が映るのはNG。サングラスや目隠しなどで顔を隠したり、顔が映らないような構図での撮影が求められる。
  2. 個人のデジカメや写メでの撮影はNGの場合がある。多くは店から貸し出されるポラロイドやデジカメなどを使う。事前の確認が必要。
  3. デリヘル嬢の嫌がる撮影はNG!
  4. オプションとしてプレイ内容に含まれていても無断での撮影は控える。撮影する場合には必ずデリヘル嬢に一声掛ける。
  5. プレイで撮影した画像や映像は個人でのみ楽しむ。インターネットなどにアップするのは厳禁!

デリヘルプレイの盗撮や盗聴について

デリヘルでは店舗型と違い、店が管理、把握できないプライベートな空間にてのサービス形態になっています。そのため盗撮や盗聴などでトラブルとなることも少なくないようです。

オプションに撮影コースがあるにも関わらず隠しカメラなどを仕込み、得た映像などをインターネットなどで販売するというような悪質な行為もあるようです。当然盗撮や盗聴はデリヘル店でも厳しく禁止され、発覚した際には相応の罰則が与えられます。

近年ではインターネットの普及により、監視体制も厳しくなっています。一度そのようなことを体験したデリヘル嬢は人間不信になり、その後のサービスに影響するでしょう。ひいては業界全体の不利益へと繋がります。
これからも楽しいデリヘル遊びを続けるためにはルールはきちんと守りましょう

デリヘル・風俗関連用語集

デリヘルや風俗に関連した用語について解説していきます。デリヘルや風俗で使われる特徴的な用語を勉強してより楽しくデリヘル遊びを楽しんじゃいましょう!

デリヘル・風俗用語[あ行]デリヘル・風俗用語[か行]デリヘル・風俗用語[さ行]デリヘル・風俗用語[た行]
デリヘル・風俗用語[な・は行]デリヘル・風俗用語[ま・や行]デリヘル・風俗用語[ら・わ行]

デリヘルプレイ大辞典が進めるデリヘル検索


好みのタイプやプレイ内容から検索して探せるデリヘル検索サイト!デリヘル嬢のエッチな写真も掲載中♪